美容機器プロショップ・Biyou Kiki Pro Shop
TOP ウィンベル
TOP ご利用ガイド Q&A お問い合せ 見積もりを依頼する デモ・体験を希望する 仕入メーカー様募集

酸素

酵素の働き 酵素の利用法 お客様の声


酸素の働き
美容のために・・・健康のために・・・毎日の生活に酸素を取り入れましょう!
酸素が私たちのカラダに与える影響などをご紹介しています。
脳は酸素の最大の消費者―25%
人間のからだの臓器・器官のうち、最大の酸素消費者は脳。重量わずか1.4kgで体重の2%ほどであるが、その消費量は全体の25%にもおよびます。そのため、酸素不足に対しては最も敏感に反応を示し、酸欠には最も脆い器官であります。

筋 肉のように、酸素をある程度貯蔵するような芸当のできない脳は、供給された酸素を一瞬に使い果たしてしまいます。心臓停止で酸素を運ぶ血液が止まれば、脳 の機能もその瞬間で止まり、意識不明の仮死状態に陥ってしまいます。約145億個といわれる脳細胞が、正常に活動するためには多量の酸素が必要です。

常時、酸素補給のため脳を循環する血液の量は、1日2,000リットル、ドラム缶10本分にも達します。これは、人体の総血液量の400倍に匹敵します。
汚れた酸素と新鮮な酸素を交換
安静時、正常な大人の呼吸量は、1回450ml〜500ml。そのうち酸素の摂取量は20%。肺の中には、普通の呼吸では動かない空気(機能的残気量)が3,000mlあって、周囲の環境の急激な変化から身体を守る、一種の安全装置の役目をしています。

身体中の血液は2〜3分ごとに肺胞の回りの血管を通り、身体全体をまわっています。身体が酸素をエネルギー源として燃焼させると、老廃物として炭酸ガスが発生します。この炭酸ガスを捨て、新しい酸素を吸収して、真紅の生き生きとした血液に変わります。

炭酸ガスがたまると脳や心臓などの働きが悪くなるので、肺は連続的に酸素を供給し、炭酸ガスを排泄し、血液の酸性化を防いでいます。これをガス交換といい、このガス交換のおかげで疲れがとれ、活力が蓄えられます。
身体のすみずみに、酸素を送り続けているのが心臓と肺です。肺には左右で約7億の肺胞があります。この肺胞から血管に取り入れられた酸素は、心臓のポンプ 作用で体内に送られます。心臓は毎分70回、1日約10万回も拍動し続けています。一生80年として、約30億回にも達します。この驚異的な仕事のエネル ギー源は、冠動脈から与えられる酸素だけです。そこで、いかに効率よく血液を送り出すということが、心肺機能にとっては、最も大切なことになります。とこ ろが、現代人の血液は、運動不足とバランスの崩れた食生活のため、酸性化してドロドロし、コレステロールが血管に付着し、血液は流れにくくなっています。 これが酸素不足を招き、すべての生活習慣病を生む根源になっています。

しかし、酸素不足を解消し、酸素補給によって衰えた心肺機能を復活させることで、酸素の問題は解消することができます。
血管がレールなら血液は貨車です。輸送される荷物は酸素・栄養物・ホルモン・免疫体の生産物・中間代謝産物・老廃物等で、粘りは水の約5倍にもなります。

か らだの血液の全量は体重の13分の1。赤血球は円盤形で、直径約7.7ミクロンで1立方ミリメートルの血液の中に、男子の場合は約500万個、女子の場合 約450万個も含まれています。赤血球は新しく生まれてから、100〜120日でスクラップとなって腸内に排泄されます。

白血球は1立方 ミリメートル中に約6,000個あり、寿命は約10日間。白血球はウイルスや殺菌を撃退する保安官の役目をしています。酸素が増えるということは、運搬す る赤血球(ヘモグロビン)が増えることでもあり、そのため血液量が増え、多量の血液が血管内に流れます。そのとき、血管の内壁に付着したコレステロールな どの不純物を一緒に洗い流し、血液そのものを浄化し、清浄な体にします。新鮮な酸素が増えるということは健康になるということです。


このページのTOPへ
Biyou Kiki Pro Shop お問い合わせ